So-net無料ブログ作成
検索選択

目指せ角島大橋!御約束を果たすために 5月14、15日 [バイク]

2011-05-14 18.37.24.jpg本州のはしっこの角島大橋は、いつか行ってみたい所でした。

でも、遠い。

高速道路があまり好きではないので、休み休み行くと、行くだけで、一日ががり

と、思っていたらやっぱり、夕方。逆光なので、橋を渡ってからかろうじで記念撮影した写真です。

   去年の秋口に、母が、「日本中結構、色々旅行したけど角島大橋はいってないなあ。いってみ    たいなぁ」「ほな、春になったら行こうか?」・・・・・・・・・と話をしていたのですが、11月に亡くなってしまいました。体が悪いのはこちらは分かっていたのですが、まあ、元気な話をして前向きに過ごしてもらえればと思ってたのですが、    こちらだけの勝手な約束ですが約束です。

陽気のいい時に行くつもりでしたが、高速1000円が終わることになり、あせって出発がこの日となりました。角島大橋だけで、済ますはずもないことは、天国の母も多分了解してしてるはず。〔笑〕

まず、鍾乳洞好きの私は、秋吉台のカルストロードを、行きがけの駄賃で通過しました

 

DSC_0692-1.jpg
京都を、あさ6時に出発して渋滞にはまり、美祢ICが夕方4時で、かけつけたカルストロードは空いてました。空きすぎてどこが観光地か分からなくなったのですが、なんとか記念撮影

日が暮れるまでに角島大橋に向かうため調べておいた〔みのりロード〕という広域農道を使って6時過ぎに滑り込みでセーフでした。

DSC_0697-1.jpg

遺影写真ですが、まさか、バイクに載せられてここまでくるとは思ってなかったでしょう。

記念写真をとって、お約束をはたしました。

そして、ここで、もうひとつのお約束がありまして・・・・・・・

barbieさんといけにえーsの皆様がこちらに来られてたんです。

偶然同じ日に来ることになっていてビックリ。

なにしろ、所要時間が違いすぎるのでこちらでやっと追いついたというかめぐりあったというか・・・

残念ながら、再会を喜びすぎてお写真はなしです。

いけにえーsの皆様も、私達も暗くなるまでに宿泊地まで最後の移動が残ってるのでここで、お別れです。

私達がたどりつくまで待っててくれはってありがとうございました。

暗くなるまで多分あと、1時間ぐらいなので、〔走れメロス〕状態で長門ブルーラインを夕日を背に景色をチラ見しながら下関にむかいます。

行きがけの駄賃2として・・・・・

・・・・・・・・・下関でふぐコースを食す。・・・・・・・・

多分母が「私をだしにええもん食べてる」とあきれられてると思いますが、食べ供養って言葉もありますし、そこは、許してもらって。・・・・南無・・・・

唐津市場の近くのホテルに19:45ぐらいに無事到着です。・・・メロスは間に合いました

このホテルの夕食は近くの居酒屋でフグコースをどうぞというリーズナブルなプラン。バイクは地下駐車場にいれていただけるということで、先客さんのバイクががいっぱいです。

全部は写真取れなかったのですが、にこごりの突き出し。おはしで、ぐいっとすくえるぐらい沢山のテッサ。

ふぐのからあげ。茶碗蒸し。ほんとに食べきれないぐらいのてっちり。とデザート

DSC_0711-1.jpg

分かりにくくて申し訳ないのですが、雑炊してもらったのに食べきれないふぐの切り身がごろごろしてるのがわかります?

そこそこ、良く食べる私達夫婦ですが、だめでした。

残してごめんなさい。

バイクに乗り始めて一日の最高距離650キロを走ったのでもう、フラフラで即お休みしました。

ちなみに、翌朝は8時から唐戸市場でお土産の干物を買い保冷して、9時に下関を出発。

混むのを見越して、ひたすら空いてる中国道を進み、吉川jctで、20キロの事故渋滞をさけるため、舞鶴若狭道経由で、丹南篠山icで下りて〔ほんまに1000円で帰れた〕デカンショ街道と無料の京都縦貫道で、葵祭の後の市内を通り抜け、自宅着がなんと夜7時。11時間で646キロでした。

あー。走った。・・・・母との約束がなかったら、頑張れなかったかもしれんけど、背中押してくれた気もします。ゆっくりはしってくれた旦那様ありがとう。

さーて次はどこにいこうかなぁ・・・・・・

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。