So-net無料ブログ作成
検索選択

草津のペンションのディナーは蝦夷鹿のステーキ [バイク]

2010-09-25 19.12.53.jpgこのペンションのオーナーはソムリエの資格を持っておられるので、それにあったお食事が楽しめます。

オードブルはスモークサーモン、魚料理はスズキのソテー。

メインはこの蝦夷鹿のステーキです。

味はくせのない牛肉の腿肉といった感じですが、肉汁感があって野生の肉食べてます。といった満足感があります。そして、ケーキとコーヒーが出ました。

飲めるのが私だけなので、残念ながらワインリストがきても、飲んだ事のある名前の白ワインのハーフしか頼めませんでした。〔名前が長かったので忘れてしまいました〕でも、お値段は、ふつうのレストランの生ビール3杯ぐらいでしたよ。

テーブルの上には名前入りのメニューカードがおいてあるし、立派なレストランで大満足でした。

P1020691.jpg翌日も良いお天気で、志賀草津道路の絶景を堪能しながら鬼押しハイウエイにむかいます。

P1020709.jpg昨日の湯釜はこんな感じ。バイクブーツで山を上がるのはかなりしんどかったです。

P1020718.jpg鬼押出しはこんな感じ。入場料を払うのはもったいないので外からながめて終わりです。

そして、軽井沢に下りてきたら、噂通りの大渋滞が、・・・・・

しっかり調べておいた抜け道の県道157~137を使って佐久ICまでスルーッとやってきました。

お昼ごはんはやっぱりおそば。

さやま庵というお店で天ぷらそばです。私は、黒いしっかりしたおそばがスキなのですが、こちらは、白いおそばもあって、なかなかの人気です。待っている間に出してくださった子ふなの甘露煮もおいしかったです。

最後は、舗装林道三本つなぎの蓼科スカイラインです。

頂上は大河原峠。

P1020727.jpg蓼科山に登る登山口です。

なんだか、バイクで上がってくるのは申し訳ない感じですが、それは、それは、走り甲斐のある道でした。だって、ナビ入れたら撥ねてしまう道なんです。

トキンの岩はパスさせていただいて、下りたところは白樺湖。

まだ早いので、ビーナスラインも少し走らせていただいて、40号線で諏訪に下りました。

以前、ドラスタで走った時より、少しだけ景色が楽しめたのは、オレンジちゃんのおかげです。

がんばって、走ったので、4時に諏訪インターから、高速に乗れたのでラッキーと思っていたら、

・・・・・雨がふってきました。山の上で雨に会うよりはマシとは思うものの、バラバラ大粒の雨に打たれるは、中津川あたりから、土岐まで、30キロの大渋滞の表示。

トンネルでびびっているところの騒ぎではありませんでした。

良かったのやら、大変だったのやら、湾岸道経由、新名神を使って、2日で950キロ。

1000円高速の恩恵を受けて色んな道をたっぷり楽しむことができました。

 

 


 


志賀草津道路へ行ってきました9月25日 [バイク]

2010-09-25 14.25.30.jpgここは、日本最高地点国道の渋峠です。

夏の暑い間は近場でうろうろしていましたが、やっと良い気候になりお泊りツーにでかけました。

今回は。中央道を使い信州中野ICから、志賀草津道路で草津温泉に宿泊

26日は少し戻って万座ハイウェイ~鬼押ハイウェイの浅間白根火山ルートから中軽井沢におりて、佐久市内で信州そばを食べて、蓼科スカイラインからビーナスラインを走って諏訪ICから高速に乗って新名神経由で帰るという 絶景ツーです。

綺麗な景色を見るためには嫌いな高速道路を400キロは走らないといけないので、一週間ぐらい前から体調を整えて朝6時に出発しました。

お昼ぐらいには下道に下りたいので、なんとか100キロぐらいは走ってから休憩という目標です。

天気も良く、若干の横風にも苦手な恵那山トンネルも耐えほぼ、予定どうり高速を下りたら、右手にりんご畑。左手にブドウ畑と。長野県に来たー。っと実感しました。

そして、志賀草津道路です。

合物のジャケットでは寒いので下にユニクロのライトダウンジャケットを着ました。

メンズの方が袖が長いのと身頃が細身なので着膨れ感もなくすごく快適。

BMWのジャケットはプロテクターがしっかりしていてゴリゴリ痛いしエアバックベストもガチッとしているのでちょうどクッションになりました。

年齢も若くはないし、技術もともなわないので、暑くても寒くても我慢してちゃんとしたウェアを着るようにしていますが、〔パンツはジェイアンブルのデニムだけど腰とか膝とかにパットが付いてる物です〕着てるだけで鎧状態で筋肉痛になりそうです。

普通は1時間ぐらいで草津まで着くのですがどこもかしこも絶景であちこち停まって写真撮影

 

白根山の湯釜にも往復30分かけて登って来ました。

日本国道最高地点証明書も、長野県と群馬県の県境に立つという有名な渋峠ホテルで発行してもらい、停車禁止のガス発生地点の殺生川原を通り過ぎ降りた所は

恋の病以外は何にでも効くと言う草津温泉です。

宿泊地はソムリエ資格をもっておられるシェフがオーナーのおしゃれなペンションです。

ですが、もちろん温泉掛け流し。24時間入浴可能。ジャグジーつき  さすがです。

晩御飯から先は続きで・・・・

 

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。