So-net無料ブログ作成

3月27日 京都の桜と由緒ある建物見学 [日記]

20100327111550.jpgここは京都御所の西隣 有栖川宮のお屋敷を移築して建てたお屋敷 「有栖館」です。

私の母校が、このお屋敷に手を入れてこんな立派な桜を鑑賞できるようになりました。

作庭されたのは、十一代小川 治兵衛さんという大変有名なかたが、荒れていたお庭を見事によみがえらせてくれはったそうです。

一般公開はされていませんが、オープンキャンパスのお花見会にOBもどうぞということで、園遊会になっていました。

先日の新聞に伝承どおり、太閤秀吉さんの花見で有名な醍醐寺の桜の子孫であるということが、DNAの検査で証明されたということが、載っていました。

つまり、昔の偉い人と同じ桜を、宮さんがお住まいになってはったお屋敷をバックに鑑賞できるという、贅沢なお花見です。烏丸丸太町から、北に行けば立派な塀越しに車からも見れます。

桜の後ろは京都御所。ちょうど、天皇皇后両陛下も戻ってこられていた日です。〔京都人は京都に戻ってきはったと思ってます。東京にはここ100年ほど行ってはるだけということです。〕

そして、ここから、歩いて5分程の所に京都府庁がありその、旧本館が重要文化財に指定されていてその、中庭の桜がまた見事で、一般公開中〔無料〕4月4日まで

20100327122826.jpgこの桜は、京都一の花見の名所、丸山公園のしだれ桜の初代の孫にあたるそうです。背景は、どこかの宮殿に見えますが、明治37年から昭和46年まで実際につかわれていた庁舎で、現役の官公庁建物としては日本最古ということです。

この時期は、中も公開してくださってるので、回廊になってる建物をぐるりと拝見

旧知事室も入れますし、そこからながめる東山三十六峰や桜も味わい深いです。

まだ、現在も執務室や会議室として使用されているところもあり、昭和初期のお屋敷マニアのわたしには、階段の手すりひとつまで、わくわくものでした。

京都は応仁の乱以来戦火にあってませんので、こういう古い建物が、いい形で残っています。博物館扱いするのではなく、ついそこにあるので有難みを感じることも少ないのですが、考えたらすごいことですね。

ちなみに、本日のお花見は母とお姑さんをつれてのプチ親孝行でした。


 


初ツーリングは小浜のリストランテAに行きました。そして、渋滞のおけいこも [バイク]

20100314154026.jpg3/14やっとお天気になったので、いつもの護衛艦隊にお願いして、小浜のリストランテAさんに行きました。

行程はいつもの道なのでちょっとは、安心です。

鯖街道、朽木を通り小浜へ

今日のメニューは、スズキのソテーの載ったサラダ風の前菜にはまぐりと春キャベツのパスタです。

気力体力を使い倒したので、初の大盛り注文でしたが、あっさり味で完食しました。

さすがに、今日は、沢山バイクのみなさんが出てきていらっしゃいます。こんなとこで、こけたら恥ずかしいとは思うのですが

スピードが出ているときはそんなに恐くないのですが、駐車場に入る時とか、低速でハンドル切るときが一番こわいです。

やっぱり、エンストしてしまいました。

すぐにエンジンかけられたので良かったですが、ハンドル切ってる最中ならまちがいなく立ちゴケもんです。

名田庄から、美山の道の駅で、休憩したところです。

まちがいなく春ですね。そして、練習のため、気合で京見峠に入りました。

信用して傾ければ曲がってくれそうなのですが、まだバイクとなかよくなれていないので、とりあえずソロソロとカーブをクリア

200キロ弱のツーリングでした。こけなかっただけ良かったです。

20100320173306.jpgそして、三連休の初日は、バイクグッズで有名なデグナーさんのセールにいきました。地図を入れるタンクバックがほしくて行ったら、表面部分にうっすら擦り傷があるとかで三割引きほどの5000円でゲットです。

お派手なバックプリントのTシャツは、半額でした。

一万円の福袋もやってはりましたが、今回は我慢です。

デグナーさんへは、有名な清水坂の横を通り、お彼岸で満員の大谷祖廟の脇をかすめて、五条坂を越えていかないといけません。

ということで、本日は渋滞時の練習となりました。

クラッチが戻ろうとする力が強いので、我慢するのが、握力を鍛える筋トレ状態。

足もベタつきではないので、フラフラしながら、ちょんちょんと背伸びで両足を着きながらやりすごしました。

正しいやり方ではないのかもしれませんが、体格と体力とバイクの重さにあった楽な乗り方を色々試してみたいと思っています。


オレンジちゃん BMW F650GSが我が家にやって来ました。 [バイク]

20100228125319.jpg4ヵ月待ちのオレンジちゃんがやってきました。

BMWF650GSの新色のメタリックオレンジです。

 

主人はハーレー、弟はBMW、私は免許を取って余り考えずに娘のお奨めのドラスタ250で二年間色々な所を走ってきました。

技術が足りない事と、スピード出すのが苦手な事とやはり、排気量が少ない事でツーリングがしんどい時もありました。

色んなバイクを見たり試乗したりして、どんな種類のバイクがいいのかなとじっくり考えていました。

我が家には、250ccのフュージョンというスクーターとホンダのCB750k2という超レトロなバイクとアメリカンと主人のFLHTCというメチャツーリングモデルがあるので、まったく違う種類のバイクにしたかったのもあります。

速くてカッコイイバイクか、悪い道でも走れるバイクか・・・・

で、両方の良い所を持っていてなおかつ、がんばれば、これから10年位はこの体力で乗れそうな体格のF650GSを選びました。

お店屋さんの「このバイクはちょっとぐらいへこんでてもそれがかっこいいし、ピカピカに磨かなくてどろんこでも絵になりますよ」というゆるゆるな感じが私の軟弱な性格にフィットしたのもあります。

ホントはそれではダメなんですけどねー

まったく乗ったかんじが違うので、三回もクラッチ繋ぎ損ねてエンストさせてしまいましたが30分位で無事ガレージにたどり着きました。

操作法の説明も覚えきれないし、センタースタンドの立て方も四苦八苦だし、車幅感はわからないし、当分自主錬して乗りこなせるように努力しないといけないみたいです。

ただ、加速感はよくわからない私にもびっくりするぐらい格段にすばらしいです。

この色はほんとにオジサンバイク〔ゴメンナサイね〕と言われているBMWとしては画期的な可愛い色です。

長く、お付き合いできますように・・・・


 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。